経営戦略を実現するための「人事」に必要なもの

最終更新日:2020/06/28

Writing by:堀尾 司

サイエンスとアートは、反対の概念のように見えるが、実はそうではない。論理や分析のうえに成り立つサイエンスも、アートと同じように世界観がついてまわる。直観や感性のかたまりのようなアートも、その表現に至るまでの確固たる道筋が存在する。

人事ポリシーとは何か

経営戦略をアートやサイエンスになぞらえて語る学者もいるが、それは経営が両方を併せ持つ多様な側面を持っているからであろう。経営と人事は常に密接な関係にある。戦略人事を考える際に常に念頭に置くべきは、下図の関係性だ。会社のミッション・ビジョン・バリューを実現するために、中長期経営戦略があり、人事ポリシーがある。

人事ポリシーとは、ビジョンやミッションを実現することを目的に、組織や人に対する企業組織の取り組みのあり方や方向性を指し示したものだ。

人事ポリシーをもとに、必要なHR(Human Resources)施策を領域別に具体化し、実行する。その実行は常に経営戦略と密接に進められるため、戦略を実行するために先んじて採用・育成をすることもあれば、戦略実行する中で必要となった人事面の整備をすることもある。

こうした一連の人事施策を考える中で必要なのが、冒頭のサイエンスとアートという視点ではないだろうか。

人事におけるサイエンスとアート

ファクトを分析して決定を導くサイエンスの世界。ファクトをもとに検討することは人事でも重要だ。たとえば採用活動においては、どの媒体からどのような属性の人が応募してきたか。どんなWeb記事更新を行うと、どのような反応があるか。短時間でもいいので検証することが、仮説づくりに役立つ。それがあって始めて、PDCAを回すこともできるし、経営層と議論できるようにもなる。

一方、直感的に表現するアートの世界。そこに再現性は生まれづらいが、一人ひとり多様な人を対象にするからこそ、人の機微を大切にすることは必要だ。何かの一瞬に生じる感情が、ある人にとってはたいしたことがなくても、別の人にとっては重要な場合もある。

HR施策をするときには、必ずファクトから導くマクロな視点と、一人ひとりに目を向けるミクロな視点の両方が必要になる。しかし、この両者は時に矛盾するかもしれない。全体にとって必要なことが、個々人にはうっとうしく捉えられることは往々にしてある。そのときの判断軸が「人事ポリシー」だ。

我が社は何を目指してどういう期待を人に込めているか。経営は「人」についてどのように思っているか。人事施策をつくるとき、あるいは改訂するとき、まずここを固める必要がある。たとえば従業員の行動を見るときに性善説に立つのか性悪説に立つのかによって、人事制度のつくり方も、マネジメントに求めるやり方も変わる。

大事なのは、経営者の個人的な思想にとどめるのではなく、ポリシーとして表出化することだ。そのポリシーに端を発し、採用や評価施策をつくっていかないと、ファクトに振り回されたり、声の大きいひとりの意見に振り回されたりしてしまう。

そのポリシー制定において重要なのは、経営者の考え、組織風土や業種特性、それと現場実態をしっかり認識した人事責任者の視点を踏まえ、企業ごと独自につくること。さらには、人事責任者としての情熱を上乗せし、熱量が失せない人事ポリシーを創り上げて欲しい。

おすすめ記事

【CANTERA talk】アースメディア代表松本淳さんに聞く「今の人事に求められる「人間性」という1つの大切なスキル」

CANTERA NOTEでは、人事領域で活躍される著名人をお招きし、人事パーソンの学びとなるお話をうかがいます。

今回お招きしたのは、一般社団法人アースメディア代表の松本淳さんです。松本さんは、インテリジェンスの創業拡大期に入社後、人材系の会社を起業、拡大後にM&Aで事業譲渡し、現在は国内外の起業家育成に力を注いでいます。また、松本さんのTwitterはビジネスパーソンから人気を集めており、読者のなかには松本さんのTwitterから学びを得ているという人もいるかもしれません。

そんな松本さんに、今の人事に求められる能力や戦略人事リーダーに求める経験やスキル、松本さんが理想とする人事パーソンについてお話をうかがいました。

【CANTERA修了生✕堀尾司】 社会人15年目・HR1年目の水越裕太郎さんが目指すCHROへの道

CANTERAでは、人事領域で活躍している人はもちろんのこと、人事未経験の人も多く学んでいます。 CANTERAアカデミー修了生の水越裕太郎さんもそのひとりです。水越さんはマーケターからHR領域へと半年前に転向し、CHROを目指しています。

今回はCANTERA代表である堀尾と水越さんが対談。水越さんがCHROを目指したきっかけや理想のCHROになるための経験の積み方、水越さん自身が掲げるミッション・ビジョン・バリューや3600人のフォロワーを抱えるTwitterとの向き合い方など、とことんお話をうかがいました。

さくらインターネットの人事ポリシーと私のマネジメント

「社員を信じる」マネジメントの役割は、メンバーの強みを引き出し、自己肯定感をあげ、幸せにすることなのではないでしょうか。そう考えれば、マネジメントは喜びに満ち溢れた仕事になります。

ジョブ型人事制度 4つのメリットと2つの留意点

こんにちは。CANTERA ACADEMY1期卒業、上田明良です。昨今、日本型雇用の制度疲弊に伴う見直しの必要性が叫ばれるようになった中、アフターコロナを見据えた働き方の変化が拍車をかけるように、企業への貢献を明確にした人事制度としてジョブ型人事制度(ジョブ型雇用)を志向する企業が増えてきているように思います。ただ、一概にジョブ型といっても、企業が営む事業の性質、組織ステージ(創造性・指揮・委譲・調整・協働など)によってマッチ度は変わってきます。そのような環境下において本稿では、ジョブ型人事制度について導入を検討している、導入するまでもいかないが選択肢の一つとして知っておきたい、将来に向けて純粋に興味があるとった方々に向けて、よりよい選択をする為の一助となればという思いを込めて、基本的な考え方からメリット・デメリット、設計・運用時の留意点につい紹介していきたいと思います。

ソーシャルリクルーティングをはじめる時のいろはのい

会社が成長期で採用を増やしたい!でも採用費用は抑えたいし、優秀な方を採用したい、というニーズの高まりから転職潜在層の採用が可能になるソーシャルリクルーティングを活用している企業も増えています。運用次第では、採用単価を抑えて優秀な方を採用することができるのですが、ポイントを押さえて運用しないと工数だけかかって成果につながらないということになります。

エンゲージメントって本当に大事なんですか?

こんにちは。CANTERA ACADEMY4期生の平山です。今回はエンゲージメントについて最近思うことを書きたいと思います。
マネジメントやHRに関わる方で「エンゲージメントは大事」ということに異論を唱える方は多くないと思います。
しかしながら、私自身は最近のこの風潮(というかブーム)に違和感を覚えることが多くなってきました。
人事という立場で長く仕事をしてきた中で私の心が荒んでしまったのか、それとも、本質的ではない何かがそこにあるのか、そんな視点で改めて「エンゲージメント」について考えてみました。

執筆者

堀尾 司

CANTERA責任者 兼 講師

(株)All Personal代表取締役CEO 1973年北海道生まれ。1994年(株)リクルート入社。2004年ソフトバンクBB(株)入社。ソフトバンク通信事業3社を兼任し、営業・技術統括の組織人事責任者に従事。2012年グリー(株)入社。国内の人事戦略、人事制度、福利厚生、人材開発の責任者を歴任。2014年より東京東信用金庫に入庫し地域活性化に従事。

2017年6月(株)AllDeal創業。2018年11月、(株)All Personalに社名変更。

嬉しくて泣く大人に溢れた年にしよう

新型コロナウイルスの感染被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。そして、医療従事者の方々をはじめライフラインを支えてくださる全ての皆様に、心から敬意を表するとともに、深く感謝を申し上げます。

あけましておめでとうございます。東京は快晴。テレビ越しに見る初日の出も、例年と比べて力強く感じさせるのは、単なる錯覚ではなく、今年は必ず良い年になって欲しいという願望からなのかもしれません。

昨年、人と組織の10年分の進化が自らの意思と無関係に進み、前例の無い事ばかりの連続に、カンテラの運営に携わる全員が、講義で何を伝えるべきか苦悩し、言葉を生み出し伝える作業が苦しく辛い日々の連続でした。

【CANTERA 修了生×堀尾司】負のスパイラルから抜け出せた”自分らしさ”の追求。「あるべきマネジメント像の呪縛」

今回、CANTERA 代表の堀尾司が対談したのは、CANTERA ACADEMY3期卒業⽣の矢部真理子さん。現在はさくらインターネット株式会社にて人・組織で事業に貢献するための人事業務全般を⾏っています。

今回は、卒業生の矢部さんに「自分らしくやりがいを持って働くにはどうしたらよいか」など、CANTERA代表の堀尾司がお話をうかがいました。

【CANTERA 修了⽣×堀尾司】⼈事キャリアを重ねた平岡いづみさんが「⼼⾝共に健康で働けるいい組織を増やしたい」と思う理由

CANTERA ACADEMY2期卒業⽣であり、現在は、CANTERA ACADEMY の講師も務める平岡いづみさん。

リクルートキャリアやベンチャー企業などでキャリアを積んできた⼈事パーソンであり、2児の⺟の顔も持つ平岡さんは「⼼⾝共に健康で働けるいい組織を増やしたい」と話します。そこには平岡さんならではの深い理由がありました。CANTERA 代表の堀尾司がその想いを聞きました。

【CANTERA修了生×堀尾司】同期メンバーとの出会いでチャレンジすることの良さを学んだ

CANTERA1期卒業生で、現在、総合系コンサルティングファームの組織人事コンサルタントとして、新会社設立・人事制度導入・人事機能設計・労務マネジメント施策などの制度・労務領域を中心にプロジェクトを推進している上田明良さん。

社会人になってからずっと人事領域でキャリアを重ねてきた上田さんにとって、CANTERAの同期メンバーとの出会いはこれまでの考え方が変えるほど刺激的だったそうです。

カンテラノートの記事でアクセス数が多かった上田さんに、いつもの記事とは違った観点で現在や今後のキャリアについて、CANTERA代表の堀尾司がお話をうかがいました。

【CANTERA 修了⽣×堀尾司】 異動してわずか 1 年。杉⽥みずきさんが⼈事として活躍できる理由

今回、CANTERA 代表の堀尾司が対談したのは、CANTERA ACADEMY3期卒業⽣の杉⽥みずきさん。現在は所属するグループを横断した⼈事を⾏っています。

⼤学卒業後、ウエディング業界でプランナーを経験したのち、転職した会社で営業から⼈財部へ異動し、⼈事業務を担うようになったという杉⽥さん。現在のお仕事や、CANTERA での出会い、これからの⽬標についてうかがいました。

株式会社人材研究所 代表取締役社長の曽和利光氏に聞く「コロナ危機における人事課題II」【第4回目】(後半)

2020年5月22日(金)、WEB面接サービス「HARUTAKA(ハルタカ)」を提供するHR Tech スタートアップ 株式会社ZENKIGEN(代表取締役CEO:野澤 比日樹)は、日本初のCHRO養成講座「CANTERA」を運営する株式会社All Personal(代表取締役:堀尾 司)と共同で、新型コロナウイルス関連の緊急対応に奔走する人事担当者の悩みにリアルタイムで答える「コロナ危機における人事課題の相談所II Vol.4」を実施いたしました。 今回は株式会社人材研究所 代表取締役社長である曽和利光氏をゲストに迎え、堀尾氏と清水が参加する形で1時間のウェビナーを開催しました。