オンボーディングのウェット必要論

最終更新日:2020/06/28

Writing by:平岡 いづみ

オンボーディング(on-boarding)とは、「船や飛行機に乗っている」という意味の「on-board」から派生した言葉で、人事用語としては、新しくジョインした社員が会社の企業文化・ルールに慣れそして活躍できるまでのサポート・プロセスを指します。

オンボーディングの目的と目標設定

オンボーディング施策を考えるうえで、最近いろんな記事や書籍をみるのですが、結構ふわっとした表現だな、と思っていたので、まずは自社では何を目的とし、人事としては何を目標に置くのか考えました。

(1)目的:新卒、中途問わず新規入社者が早期に会社風土に慣れ、当社での活躍人財になること

(2)目標:入社後半年後までに、新規入社者が会社文化や風土を理解し馴染み、早期離職せず、業務に前向きに取り組めていること。半年以内離職0名を目標とする。

目的については、もともとのオンボーディングの意味合いから外れてはいないと思いますが、目標設定はなかなか聞かないと思います。プロセスだけでなく人事として施策の成果を測るためにも必要だと思って策定しました。

入社後の時系列分析

他社の人事とも何度かディスカッションをしたことがあるのですが、各社とも入退社情報を分析したところ、早期離職の場合は入社から6か月以内であり、6か月経過後は、複数年勤務する傾向にある、ということでした。もちろん個別の事情があるので絶対的なものではないのですが、人事の勘を含めて6か月をそれぞれ期間ごとにどんな時期か分析しました。

入社日~1か月:会社のルール、人の名前、仕事の進め方など覚えることが多い。会社に毎日通勤することに慣れる時期。あっという間に過ぎてしまう感覚。
1~3か月の間:少し会社になれてきて配属部門など少し客観的にみえるようになる時期。徐々に仕事も任されることが多くなってきて、忙しくなってくる時期。
3~6か月の間:一通り会社のことが見え、前職とのギャップを含めて、マイナス要素が気になりだす時期。

この時期においての施策は、入社から1・3・6か月タイミングごとでの人事面談を行うことにしました。

オンボーディングに大事なことと施策

オンボーディングで必要なことは、以下の7つが挙げられます。これまでやっていることと個人的な意見を含めて記載しております。

1.インフラの準備と説明
2.企業文化や事業への理解
3.社保など手続きの説明
4.社内ネットワーク構築
5.社内で必要なスキル
6.ウェルカム感やほっとかれてない感を醸成すること
7.自分の今後のキャリアを考える機会

  1. インフラの準備と説明化や事業への理解
    PC、デスク、セキュリティカード、名刺、フォルダアクセス権限の準備 などは事前に行っておきます。入社日に用意ができてないと、入社者のモチベーションにも影響するので、ここは必須です。ただ、まれに最終面接から数日で入社するケースもあり、準備が間に合わないときもあるので、その際は入社者に丁寧に説明し、いつごろまでに準備ができるのか伝えます。
  1. 企業文化や事業への理解
    入社時研修で、会社のオフィス全体を案内し、各部門の紹介。また各部署の大まかな説明を人事からは実施し、プラスで各部門の部門長から現状などを話してもらう時間を設けます。ここで各部門長との顔合わせもできます。毎月複数名入社するわけではない場合は、頻度をQに1回で複数名が参加など調整できます。
    また、制度やルールに関しては、毎回同じ説明をすることになるので、制度や座席表など社内イントラに“新入社員向けページ”を作成し、会社の組織図、座席表、申請用紙、制度、暗黙ルール等記載しておくのはおすすめです。入社日に全部説明しても覚えきれないので、こういった困ったときに見ることができるお役立ちページがあることは安心感につながります。
  1. 社保など手続きの説明
    人事面談で、入社前に提出いただいているものもあるかもしれませんが、入社日には社保加入や税のお話と手続き書類に関して改めて説明しています。毎度同じ説明になるので、説明文書を作ってそれを渡すでもいいとは思います。事後にヒアリングした際に、社保等加入の説明があったことで、ちゃんとしている会社だという安心感があったといわれました。
  1. 社内ネットワークの構築
    まずは配属部署のメンバーの顔と名前を一致できるように、入社日にはウェルカムランチを実施。②で各部門長から直接話を聞くことで顔と名前はお互いに覚えることもできます。希望者には他部門留学として他部門のMTGに参加することもできるようにしています。その後のネットワークの一助になればなと思って行っています。
    また、部活の紹介と勧誘を行います。社内では部門を超えた部活動もあり、各部の紹介と興味がある部への見学も可能とお伝えし、ご希望を聞いたうえで各部部長と調整します。
  1. 社内で必要なスキル
    新入社員、中途入社者に問わず、自社の技術に明るいわけではないので、スキル面のサポートが必要です。汎用性があるものであれば外部研修やオンライン学習などを取り入れてみるのもありかと思います(個人的には、オンライン学習は本人のペースで学べるので、おすすめです)が、自社独自の場合は、なかなか外部で習得する機会が難しいです。
    入社者がいる度に現場の方に話してもらうのも気が引けるので、過去のウェビナー動画を入社者には観てもらうようにしています。また、過去に展示会に出展した際の製品パンフなどを見せるのもいいかもしれません。
    あとは、「○○に困ったら、だれだれに聞くといいよ」というマップを作成しておくのもいいと思います。当社ではまだ俗人化してしまっているのですが、まとめておこうとしています。意外とこれが社内スキルになってきたりしますので。
  1. “ウェルカム感”や“ほっとかれてない感”を醸成すること
    ・入社者の席にウェルカムカードを置いておく。飴なども一緒にあるとベター。入社初日はとにかく緊張でつかれているはずなので、自席についたときに飴があるとほっとするようです。ちょっとした工夫ですが、効果的です。(甘いものが苦手な方には、おかき等甘くないものがいいかもしれません)。
    ・自己紹介の場。全社会議などを定期的に行っている場合は、その場で自己紹介の時間を作ることもできるかと思いますが、そういった場がなかったり時期的に少し先になる場合は、入社日に人事が入社者と一緒にすべての部署を周り、紹介して周ります。
    私の例だと、「今日から○○部にご入社いただきました、○○さんです!よろしくお願いします」と言い、全員に笑顔で拍手をしてもらうようにしています(笑顔で拍手のジェスチャーを促していることもありますが。何度もやっていると自然と皆さんされるようになりました)。
    ・メンター
    特に新卒新入社員は、学生から社会人になった大きな変化だったりもするので、メンターを設定することはおすすめです。メンターは、業務での相談だけでなく、生活含めていい相談者であるので、できるだけ接点を多くしたいと思い、1回あたりの会話は短いかもしれませんが、頻度高くコミュニケーションするようしています。当社では、先日一人暮らしノウハウをメンターとメンティで話していたようです。接点の頻度は、以前ベテラン人事の方にお聞きしたのですが、1回あたり長時間やるよりも頻度が高い方が“ほっとかれてない感”は醸成されるようです。

    メンターとの接点(例)
    ・デイリーでメンターとの振り返り(約10分) ※短くてもいいので毎日会話する時間
    ・月1回メンターと人事と三者面談(約20分) ※振返り、成長を一緒に考える時間
  1. 自分の今後のキャリアを考える機会
    定期的な上長との1on1と人事面談を行います。組織へのつながりは、上長との縦つながり、同僚との横つながりだけでなく隣部署のマネージャーなどの斜めつながりがあります。

    上長とはやはり業務の話が多くなってしまうので、横ぐしで人事も介入するようにしています。入社後の時系列分析で記載したタイミングで人事面談を行います。

人事面談のタイミング

1か月後
3か月後 
6か月後 ※入社時期が近い人と座談会も別途で実施

それぞれ、面談時に話している内容は、健康面・業務面(量、質ともに適正か)・人間関係・組織上で感じている課題・何を当社で実現したいか という5点です。特に最後の5点目を自らの口で話してもらうことを大事にしています。自分の口で言うことでふわっとしていた想いが急に現実味をおびてくることもあるので、話してもらっています。

6ヶ月目は、部署を超えて、入社時期が比較的近い方を集めた座談会も行います。“ほぼ同期”つながりができ、ネットワークが広がります。この座談会ですが、入社時に行うことも考えましたが、入社時早々はまずは会社に慣れることに必死でなかなかつながりまでいかないことがあるため、会社に慣れてきて少し周囲が見えるようになってきた6ヶ月目にすることにしました。

いかがでしたでしょうか。もちろんここに書いたことがすべてではないと思うのですが、オンボーディングで一番大事なのは、「できるだけウェットに」ということだと思います。なれ合いではなく、タテヨコナナメの人とのつながりを作り、“ここにいていい感”を醸成し続けられることで、組織を好きになり、長期に組織へ貢献するエネルギーになるのではないかと考えています。

おすすめ記事

ソーシャルリクルーティングをはじめる時のいろはのい

会社が成長期で採用を増やしたい!でも採用費用は抑えたいし、優秀な方を採用したい、というニーズの高まりから転職潜在層の採用が可能になるソーシャルリクルーティングを活用している企業も増えています。運用次第では、採用単価を抑えて優秀な方を採用することができるのですが、ポイントを押さえて運用しないと工数だけかかって成果につながらないということになります。

リソースが限られた中小・ベンチャー企業こそ採用戦略に命をかけるべき!

こんにちは。CANTERA ACADEMY8期卒業の永田です。弊社白潟総研は正社員数でいうとインターン生含めて36名の中小・ベンチャー企業です。
1年半前に開始した採用活動の中で得た知見やノウハウをご紹介させて頂きたく、今回寄稿させて頂きました。

組織クラッシャーを面接で見抜く簡易手法

組織にいると大変な人たち、それは「組織クラッシャー」。彼らが一度組織に入ってしまうと、組織の人間関係を悪化させ、ひどい時には組織を解体してしまいます。

採用活動のインハウス化!求人広告作成に活かせる3つのポイント

こんにちは。CANTERA ACADEMY3期卒業、松岡良次です。
今回は約8年間の求人広告の営業、および採用コンサル業から求人広告作成時に意識している3つのポイントをご紹介します。

採用活動には『母集団形成』と『選抜』の工程があります。母集団形成を行うにはデータベースを保有する人材会社に依存していましたが、インターネット(スマホやSNS等)の普及により、現在では人材会社に依存せずともindeedをはじめ求人検索エンジンやSNSを利用すれば誰もが採用活動を開始することができるようになりました。

採用活動がインハウス化することにより、求人広告の制作に関して人材会社の担当者に依頼せねばならなかった時代から、各会社の採用担当者が作成できる必要な時代になりました。
今回は求人広告作成において大切な3つのポイントをご紹介します。

【CANTERA talk】アースメディア代表松本淳さんに聞く「今の人事に求められる「人間性」という1つの大切なスキル」

CANTERA NOTEでは、人事領域で活躍される著名人をお招きし、人事パーソンの学びとなるお話をうかがいます。

今回お招きしたのは、一般社団法人アースメディア代表の松本淳さんです。松本さんは、インテリジェンスの創業拡大期に入社後、人材系の会社を起業、拡大後にM&Aで事業譲渡し、現在は国内外の起業家育成に力を注いでいます。また、松本さんのTwitterはビジネスパーソンから人気を集めており、読者のなかには松本さんのTwitterから学びを得ているという人もいるかもしれません。

そんな松本さんに、今の人事に求められる能力や戦略人事リーダーに求める経験やスキル、松本さんが理想とする人事パーソンについてお話をうかがいました。

【CANTERA修了生✕堀尾司】 社会人15年目・HR1年目の水越裕太郎さんが目指すCHROへの道

CANTERAでは、人事領域で活躍している人はもちろんのこと、人事未経験の人も多く学んでいます。 CANTERAアカデミー修了生の水越裕太郎さんもそのひとりです。水越さんはマーケターからHR領域へと半年前に転向し、CHROを目指しています。

今回はCANTERA代表である堀尾と水越さんが対談。水越さんがCHROを目指したきっかけや理想のCHROになるための経験の積み方、水越さん自身が掲げるミッション・ビジョン・バリューや3600人のフォロワーを抱えるTwitterとの向き合い方など、とことんお話をうかがいました。

執筆者

平岡 いづみ

CANTERA ACADEMY2期卒業。

大学卒業後、大手食品会社にて総合職として入社し、法人営業をメインに担当。
その後、人材ベンチャーの東京オフィス立ち上げのなんでも屋として勤務。
2006年から現リクルートキャリアにてリクルーティングアドバイザー、企画スタッフ、キャリアアドバイザーを経験。受賞複数。その間2度の産休育休を取得し共に復帰。
リクルートキャリア卒業後は、国の事業に関わったり、ベンチャー企業で人事として採用企画、規程改訂、制度、労務など人事全般と、総務、秘書など色々経験しています。

現在はインサイトテクノロジーにて管理部門マネージャーとして人事全般を行っています。

1年で500以上のオンライン面接を行った私が「採用面接で特に気をつけていること」

採用面接は“未来の仲間探し”なので、会社の将来を左右する大事な場です。ただ、最近はオンライン面接を行うことも増え、対面ではない分、いろいろと工夫する必要があると思います。

私は2020年の1年間で、気づいたらオンライン面接を500以上行っておりました。そこで、私なりに採用面接で見ているポイント、質問内容、気をつけていることをまとめてみました。

企業文化づくりは冒険?模索しながら取り組んだこの10か月

事業・組織成長のフェーズで、企業風土や文化が大事だ!と聞いたことがありますし、そう思うけど実際どうしたらいいの?と私自身過去に悩んでいました。

今回、取り組んで1年未満で、まだまだ結果が出たわけではないのですが、模索しながら行っていることに、なにか皆さまの参考になるものがあればと思い執筆してみました。

人材エージェントとリレーション構築の必要論

採用には人材エージェントに依頼する企業も多いのではないでしょうか。費用も成功報酬なのでリスクも少ないし、要件を伝えておくと採用企業に代わって転職市場をサーチして紹介してくれる、と期待しています。
なので私はエージェントとの関係性は大事だと思っています。エージェントとは関係性をしっかり作っておかないと、忙しいエージェントからは自社の優先順位を上げてもらえず、求人依頼してから紹介も連絡もないまま数か月・・・ということもあったりします。
逆に良好な関係性を築いておくと、転職市場感や他社事例だけでなくペルソナ設計や採用手法の相談にも協力してもらえたり、強力なパートナーになってくれます。
今回は、元エージェントだったことも踏まえてエージェントとの良好なリレーションシップについて書いてみます。

ソーシャルリクルーティングをはじめる時のいろはのい

会社が成長期で採用を増やしたい!でも採用費用は抑えたいし、優秀な方を採用したい、というニーズの高まりから転職潜在層の採用が可能になるソーシャルリクルーティングを活用している企業も増えています。運用次第では、採用単価を抑えて優秀な方を採用することができるのですが、ポイントを押さえて運用しないと工数だけかかって成果につながらないということになります。

オンボーディングのウェット必要論

オンボーディング(on-boarding)とは、「船や飛行機に乗っている」という意味の「on-board」から派生した言葉で、人事用語としては、新しくジョインした社員が会社の企業文化・ルールに慣れそして活躍できるまでのサポート・プロセスを指します。

育休明け社員にいきいきと活躍してもらうのは、お互い様感

ダイバーシティとは、簡単に言うと、国籍、性別、年齢、宗教、ライフスタイルなどに固執することなく多様な人材を受け入れることです。最近は男性の育休取得や、高齢者雇用など国が推進していることもありますが、まだまだ自信をもって当社は大丈夫だ!といえる会社は少ない気がしています。