CANTERA NOTE

【CANTERA 修了⽣×堀尾司】⼈事キャリアを重ねた平岡いづみさんが「⼼⾝共に健康で働けるいい組織を増やしたい」と思う理由

【CANTERA 修了⽣×堀尾司】⼈事キャリアを重ねた平岡いづみさんが「⼼⾝共に健康で働けるいい組織を増やしたい」と思う理由

リクルートでの経験が⾃信に。さまざまな企業でキャリアを重ねる

堀尾:平岡さんは、どういうキャリアを積んできたんですか?

平岡さん:メインキャリアはリクルートキャリアで事業企画や法人営業、キャリアアドバイザーを経験し、その後、スタートアップやベンチャー企業などで人材ビジネスの事業推進や人事を経て今ですね。

堀尾:⼈材ビジネスとは?

平岡さん:事業⽴て直しみたいなことに期間限定ではあるのですが関わったんです。⼀応約束の期限内に達成できたし、後任の採⽤もできたので私⾃⾝は期間内に卒業しました。

堀尾:苦戦していた事業なのに、すごいね!

平岡さん:リクルートでの経験が役⽴ちましたね。リクルートでは MVP とかいただいたこともあったんですが、基本を忠実に実⾏していれば達成できるという感覚を持てたのが⼤きいです。⼀⽅、リクルートという看板がなくても同じように成果を出せるだろうかという不安があったのですが、この結果を出せたことはいい⾃信につながりました。

堀尾:それで次の会社へ⾏ったんだね。

平岡さん:はい。10⼈程度の組織に⼊って、営業と⼈事を兼務したんです。ただ、だんだん事業モデルが厳しいなと思ってきたんですよ。どうしようかと思っていたときに、別のベンチャー企業に拾ってもらいました。

堀尾:ぐっと拡⼤していたからね。

平岡さん:そうですね。⼊社して⼈事採⽤全般をやっていました。在籍したのは1年半くらいかな。ただ、会社がどんどん変化する中で、メンバーの⼊れ替えがあったり、労務問題もあったりして、私はどうしようかなと考える場⾯も出てきたんです。

堀尾:⾃分⾃⾝が⾝を置き続けるかどうかというところだよね。

平岡さん:結構、頑張ったつもりではあるんです(笑)知恵を絞って、採⽤単価をどう抑えていい⼈材を採⽤しようかと考えたりしたし。労務問題も正⾯から取り組んだんですけれどね。ただ、⾃分が不協和⾳になってしまう可能性もあるなと思って、また環境を変えることにしました。

体系的な知識と⾃分の判断軸を⾝につけるため、CANTERA へ

堀尾:CANTERA に⼊ってくれたのって、ちょうどその頃なのかな。

平岡さん:そうです。採⽤業務しかやっていなかったので、⼈事全般を体系⽴って⾝につけたいなと思いました。社員に影響を与えるものだからこそ、しっかり判断軸を持たないといけないと。それで CANTERA を⾒つけて参加したんです。

堀尾:実際参加してみてどうだった?

平岡さん:わからないことが多かったんですが、⾃分が勉強不⾜なんだなと思いました。あれから結構本も読むようになったし、他の勉強会にも⾏くようになったんですよ。いいきっかけになりました。

堀尾:平岡さんが CANTERA NOTE に投稿してくれる記事ってかなり多⾯的な考察に富んでいるなと思っていたんだけど、いろんな経験をしてきたからこそなんだろうね。⽂章を書くのも得意でしょ?

平岡さん:いや、苦⼿です! 今でこそ本も読むようになりましたけど、もともとは読むのも苦⼿だったし、書くのもダメ……(笑)

堀尾:書籍からというより、体験型で学んできたんだろうね。

平岡さん:そうかもしれないですね。あとは、⾃分がすごく⽂章への苦⼿意識があるので、読んですぐわかる⽇本語にしようというのは⼼がけています。

⼼⾝共に健康で働けるいい組織を増やしたい

堀尾:平岡さんは仕事も家庭も忙しいと思うけど、今はどうありたいと思っているの?

平岡さん:具体的なキャリアと⾔うよりも、楽しく⽣きている⼤⼈の姿を⼦どもに⾒せたいなと思っています。なので、好きなことをやりたいなと。

堀尾:何かそこに影響しているものがあるのかな?

平岡さん:実は私は、⽗を過労死で亡くしているんです。多忙と⼼労が重なって倒れてしまって……。当時私はすでに社会⼈で仕事が⼤好きだったのですが、死によって断ち切られるものがあるということを考えさせられたんですよね。それもあって、⾃分の強みや好きなことに打ち込んで、楽しく⽣きたいなと思っています。

堀尾:なるほどね……今はそれを全うできている?

平岡さん:そうですね。ある程度できているかな。もちろん苦⼿なこともあるけど、仕事もプライベートも、やりたいことはできています。

堀尾:ちなみに、平岡さんは憧れている⼈とかはいるんだろうか。

平岡さん:⼈事パーソンで⾔うと、島⽥由⾹さん(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス)とか森本千賀⼦さん(morich)には憧れますね。⼈を惹きつける⼒の強さというか。

堀尾:どういうところに惹きつけられたの?

平岡さん:前に島⽥さんのセミナーに参加させていただいたのですが、話をするだけで会場全体が熱くなっていくのがわかるんですよね。信念をもって、しっかり熱を込めて話されているのが伝わってきて、すごいなと思いました。

堀尾:平岡さんもそういうところがあると思うけど……

平岡さん:まだまだですよ! 会社の全社会議で話すときも、⼈事⾯談で話すときも、それなりに場は進んでいるとは思うけど、⼈の⼼に響いて残っているという感覚にはなれていないんですよね。

堀尾:なるほどね。今はどういったことを⽬指しているの?

平岡さん:⼼⾝共に健康で働けるいい組織を増やしたいというのが根本にあるんです。だから今の所属会社でしっかり道筋をつくりたいというのがまず⼀歩⽬ですね。もちろん、その道筋をつくったら終わりということではなく、ある程度⼿応えを得て、それから他の組織にも⽬を向けて、どんどんいい組織を増やせたらいいですね。

堀尾:どれくらい増やしたいの?

平岡さん:⼤きいことを⾔ったら⽇本が変わるくらいですね(笑)。⼀気に増やすのは難しいかもしれないけど、「あの会社ができたならうちの会社もできる」というのが広がれば少しずつよくなっていくと思っています。⾃分の⼦どもが⼤⼈になるときには、過労死という⾔葉が世の中から消えているといいですね。

堀尾:平岡さんがそう思っている背景にはいろんな理由がつながっているというのを感じるね。

CANTERA でもプライベートでも、助けてくれる⼈がいると思うと⼼強い

堀尾:平岡さんは CANTERA の催しもよく顔を出してくれるから、違う期の⼈にも名前を知られているよね。

平岡さん:それはうれしいです(笑)

堀尾:そして今回、講師を引き受けてくれることになったけれど、その理由を教えてくれる?

平岡さん:1つは⾃分⾃⾝が学び直したいから。2つめは、最新の若い⼈事の⽅々とつながりたいと思ったから。どちらかというと利⼰ですね(笑)

堀尾:結果的に相⼿の利⼰にもつながるとも⾔うからね。でも本当に、若い⼈たちの感性やトレンドの押さえ⽅は刺激になるよね。

平岡さん:まさに、すごく勉強になるんですよ。参加者から私が得ることもすごく多いので、お⾦払った⽅がいいんじゃないのと思っています(笑)

堀尾:いやいや(笑)。でも、こういう CANTERA のネットワークはお互いに役⽴つということかな。

平岡さん:もし 1 ⼈で頑張っている⼈事の⽅がいたら、1⼈じゃないよというのはお伝えしたいですね。私も⼈事を任されて、孤独にもがいていたときがあったので。こういうつながりが得られることで相談もできるし、同じような困りごとを発信している⼈もいるし。助けてくれる⼈が周りにいると思えるのは、すごく⼼強いです。

堀尾:いい話ですね。

平岡さん:⼦育てとかも、近所の⽅にものすごく助けてもらっています。助けてもらいすぎかもしれません(笑)

堀尾:それができるのも平岡さんの強みだよね。CANTERA をつくる側にもまわった今、どんな場にしていきたいですか?

平岡さん:参加者それぞれの応援団のような場になるといいなと思っています。インプットしたい⼈にとっては情報を得られる場だし、アウトプットしたい⼈にはその機会もあるし。CANTERA  に関わることで、少しでも前に進めたと感じる⼈が増えるようにしていきたいと思っています!

堀尾:ぜひ引き続きよろしくお願いします!

平岡さんが過去執筆された記事はこちら。是非ご覧ください!

・ソーシャルリクルーティングをはじめる時のいろはのい

・人材エージェントとリレーション構築の必要論

・オンボーディングのウェット必要論

・育休明け社員にいきいきと活躍してもらうのは、お互い様感

自社の組織をいいものにしたい!とお考えの方はこちらを是非ご覧ください

Written by

horio
初心者でも安心。
現役人事が全面サポート

日本初のCHROアカデミー
「CANTERA(カンテラ)」
戦略人事を実現するための知識と
スキルを体系的に学べます。