偉大な企業へと飛躍するために「だれをバスに乗せるか」。原理原則に従って実行して思ったこと

最終更新日:2021/03/19

Writing by:横山綾子

『ビジョナリー カンパニー 2 飛躍の法則』という本をご存知の方も多いだろう。

この本は、“Great(偉大)”をテーマに文章が綴られている。良い組織を偉大な実績を持続できる組織に飛躍させる方法だ。ほとんどの企業がそこそこの優良企業になるのに対して、偉大な企業は何が違うのかが紐解かれている。

私が特に注目したのが、この本の第3章に書かれている「だれをバスに乗せるか」だ。書かれている原理原則に従って実行してみた結果、大切だと思ったことを記したいと思う。

バスに乗せる「適切な人材」を選ぶには

同書の第3章に

偉大な企業は、適切な人をバスに乗せ、不適切な人をバスから降ろし、次にどこに向かうべきかを決めている。

という一文がある。

たった一文ではあるが、この中には

・適切な人をバスに乗せる=「採用」
・不適切な人をバスから下ろす=「評価・適材適所・代謝」
・次にどこに向かうべきか決める=「理念(目標)」

といった要素が込められている。

ここで注目したのは、バスに乗せる「適切な人」という表現だ。同書には“どういう人が「適切な人材」なのかは、専門知識、学歴、業務経験より、性格と基礎的能力によって決まる。”と記載がある。この1文を読んだときに、サイバーエージェントの採用基準が思い浮かんだ。

素直でいい人

引用:FEATUReS サイバーエージェント公式オウンドメディア

サイバーエージェントは本当に基本に徹するすごい企業だ。だから強い企業なのだろう。「21世紀を代表する会社を創る」という理念のもと、ビジョナリーカンパニーになるべく着実に急速に成長している。なるほど、この採用基準は「適切な人材」を見極めるための言葉だったのか。

これを参考に、当社でも採用基準を決めた。

誰かのために生きる才能のある人

この大前提をつくってからは、この基準に当てはまりにくい人は採用されない仕組みになった。組織としては、自己成長だけを考える人よりも、お客様の成長を自己成長に考えられる人が増え、自分本位な考え方の人は居づらくなり、退職に繋がるケースも多くなった。バスがスムーズに前に進むようになった感覚がある。

採用の大原則「迷ったら採用するな」

また、同書では、この採用の大原則に関して

疑問があれば採用せず、人材を探しつづける。

と記述されている。

これほどに難しいことがあろうかと採用活動をしていてつくづく思う。どうしてもスキルがある方と出会ってしまうと、業績が上がる可能性を考えてしまい、例え人柄の面で懸念があったとしても採用しようとしてしまう。人柄面の懸念は、見極めにくいから輪をかけて難しい。最近も、不合格にする勇気が持てなくて最終面接の社長に委ねることをやってしまった。

事業サイドの面接官には、そういう場合は、「迷ったら通す(合格)」ように伝えている。しかしCHROや人事責任者であれば、こういった時に砦にならなくてはならない。不合格が出せるほどに経営者である代表とのすり合わせに時間をかけておいた方が良い。どういった人を不合格にしたのかを人事と経営者で議論するだけでも大きく違うだろう。

迷った場合はこの方を採用することで起こりうるメリット・デメリットを整理すると良い。数値的な実績と定性的な部分を踏まえて「業績的にはこれくらいの売り上げが見込めるが、チームメンバーの誰々とのコミュニケーションで不手際が起きそうだ」といった整理をおこなうのだ。ちなみに、このデメリットはかなり高い確率で実際に起こると思った方が良い。その場合の対処法があるのであれば、採用しても良いかもしれない。

適切な人材をバスに乗せ“続ける”難しさ

採用に関連する点として、同書には以下のような記述もある。

成長の最大のボトルネックは何よりも、適切な人びとを採用し、維持する能力である。

適切な人材を採用したら終わりではない。入社したら定着させ活躍へ、という流れまでが人事が関与すべきオンボーディングであると私は考える。それぞれを点で捉えるのではなく、採用→入社→定着→活躍を線で考え、一人ひとりに対してオンボーディングプログラムを走らせることが勝ちパターンだろう。

また、離職を防止するために離職に至った要因分析を行うことは案外見落とされがちだ。私自身も“維持”に目を向けずに反省していた時期が結構長かった。この離職に関しては、以下の記事が良記事だったので参考に読んでいただきたい。

離職率防止策の要は要因分析 | CANTERA NOTE(カンテラノート)

企業の成長を担う「採用」の重要性

また、同書の第3章にはこんな記載もある。

成長を担う適切な人材を集められるよりも速いペースで売上高を増やしつづけながら、偉大な企業になることはできない。

偉大な企業へと成長するためには、人材が欠かせない。人事として採用を担う重要性を改めて感じる。

おすすめ記事

ソーシャルリクルーティングをはじめる時のいろはのい

会社が成長期で採用を増やしたい!でも採用費用は抑えたいし、優秀な方を採用したい、というニーズの高まりから転職潜在層の採用が可能になるソーシャルリクルーティングを活用している企業も増えています。運用次第では、採用単価を抑えて優秀な方を採用することができるのですが、ポイントを押さえて運用しないと工数だけかかって成果につながらないということになります。

リソースが限られた中小・ベンチャー企業こそ採用戦略に命をかけるべき!

こんにちは。CANTERA ACADEMY8期卒業の永田です。弊社白潟総研は正社員数でいうとインターン生含めて36名の中小・ベンチャー企業です。
1年半前に開始した採用活動の中で得た知見やノウハウをご紹介させて頂きたく、今回寄稿させて頂きました。

組織クラッシャーを面接で見抜く簡易手法

組織にいると大変な人たち、それは「組織クラッシャー」。彼らが一度組織に入ってしまうと、組織の人間関係を悪化させ、ひどい時には組織を解体してしまいます。

採用活動のインハウス化!求人広告作成に活かせる3つのポイント

こんにちは。CANTERA ACADEMY3期卒業、松岡良次です。
今回は約8年間の求人広告の営業、および採用コンサル業から求人広告作成時に意識している3つのポイントをご紹介します。

採用活動には『母集団形成』と『選抜』の工程があります。母集団形成を行うにはデータベースを保有する人材会社に依存していましたが、インターネット(スマホやSNS等)の普及により、現在では人材会社に依存せずともindeedをはじめ求人検索エンジンやSNSを利用すれば誰もが採用活動を開始することができるようになりました。

採用活動がインハウス化することにより、求人広告の制作に関して人材会社の担当者に依頼せねばならなかった時代から、各会社の採用担当者が作成できる必要な時代になりました。
今回は求人広告作成において大切な3つのポイントをご紹介します。

【CANTERA talk】アースメディア代表松本淳さんに聞く「今の人事に求められる「人間性」という1つの大切なスキル」

CANTERA NOTEでは、人事領域で活躍される著名人をお招きし、人事パーソンの学びとなるお話をうかがいます。

今回お招きしたのは、一般社団法人アースメディア代表の松本淳さんです。松本さんは、インテリジェンスの創業拡大期に入社後、人材系の会社を起業、拡大後にM&Aで事業譲渡し、現在は国内外の起業家育成に力を注いでいます。また、松本さんのTwitterはビジネスパーソンから人気を集めており、読者のなかには松本さんのTwitterから学びを得ているという人もいるかもしれません。

そんな松本さんに、今の人事に求められる能力や戦略人事リーダーに求める経験やスキル、松本さんが理想とする人事パーソンについてお話をうかがいました。

【CANTERA修了生✕堀尾司】 社会人15年目・HR1年目の水越裕太郎さんが目指すCHROへの道

CANTERAでは、人事領域で活躍している人はもちろんのこと、人事未経験の人も多く学んでいます。 CANTERAアカデミー修了生の水越裕太郎さんもそのひとりです。水越さんはマーケターからHR領域へと半年前に転向し、CHROを目指しています。

今回はCANTERA代表である堀尾と水越さんが対談。水越さんがCHROを目指したきっかけや理想のCHROになるための経験の積み方、水越さん自身が掲げるミッション・ビジョン・バリューや3600人のフォロワーを抱えるTwitterとの向き合い方など、とことんお話をうかがいました。

執筆者

横山綾子

CANTERA ACADEMY2期卒業。

大学を卒業後、新卒で小林製薬(3年間)、サイバーエージェント(5年半)、ロックオン※現イルグルム(1年間)の経験後、PLAN-Bへ入社。現在はPLAN-Bで人事担当役員をしつつ、子会社である株式会社スペシャルサンクスの代表取締役。

PLAN-Bでは、現場の営業としてWebマーケティングのコンサルタントとして職務を開始し、半年でマネージャー、その3ヶ月後に部長に昇格。新規事業の立ち上げを経験し、事業規模50名、単月売上1億の規模まで拡大。 事業部長兼営業部長として、執行役員に就任。
2018年より人事部へ異動。 中途採用領域を担当。 2年目には幹部クラスを複数名採用でき、経営変革に寄与。中途採用以外にも人事領域の責任者として、他にも評価制度刷新、新卒採用、育成制度設計から実行までを担当。

2020年4月、子会社の株式会社スペシャルサンクスを設立し、代表取締役に就任。理念軸経営を推進すべく、“人”の領域で事業展開中。

偉大な企業へと飛躍するために「だれをバスに乗せるか」。原理原則に従って実行して思ったこと

『ビジョナリー カンパニー 2 飛躍の法則』という本をご存知の方も多いだろう。

この本は、“Great(偉大)”をテーマに文章が綴られている。良い組織を偉大な実績を持続できる組織に飛躍させる方法だ。ほとんどの企業がそこそこの優良企業になるのに対して、偉大な企業は何が違うのかが紐解かれている。

私が特に注目したのが、この本の第3章に書かれている「だれをバスに乗せるか」だ。書かれている原理原則に従って実行してみた結果、大切だと思ったことを記したいと思う。

コロナ禍で激変した労働市場。求職者から選ばれる企業になるために大切なこと

コロナ禍で求職者と求人企業を取り巻く環境は一変しました。多くの企業が採用計画人数を下げる、もしくは採用を停止することになり、有効求人倍率は2019年11月には1.55倍だったものが、2020年11月には1.06倍になりました(出典:厚生労働省(※1) )。

一方、求職者の志向にも大きな変化があり、意義・目的を持って就職先を選択し、やりがいを持って働くことを希望する方が増しているように感じます。

優秀な人材を採用して事業拡大に導くために、労働市場が激変する中でも“選ばれる企業”になるために一番大切なことをテーマに執筆します。