企業文化を醸成するには?組織成長に欠かせないと言われる理由

最終更新日:2021/04/10

Writing by:CANTERA NOTE編集部

企業文化は組織を形成する上で非常に重要な役割があります。企業文化が優れていれば、社内のつながりが強くなり、企業としての成長が期待できるのです。ただし、企業文化を根付かせるにはいくつか注意したいポイントも。企業文化が組織にとって欠かせない理由を踏まえ、醸成の方法を解説します。

そもそも企業文化とは

企業文化とは、「従業員の間で意識的あるいは無意識的に共有されている価値観や行動規範」のこと。企業の経営理念などをベースに、独自の価値観やルール、規範を形成します。例えば「成果志向の企業なのか、もしくはプロセス志向なのか」「上昇志向なのか、安定志向なのか」といったものも企業文化と言えるでしょう。

企業文化があると、社員は業務の判断基準が明確になったり、よりふさわしい行動を取りやすくなったりします。社員は、それらの企業文化に即して行動しやすくなるのです。

また、企業文化は社外から見える企業イメージにもつながります。企業文化によって自社に良いイメージをもたらしたり、企業活動における影響も大きかったりする利点も。つまり企業文化とは、社内外に対して自社のことを伝える上で重要なメッセージとなり得るのです。

企業文化と企業風土、何が違う?

企業文化と似たような意味合いとして、「企業風土」という言葉が使われることがあります。企業風土とは、自然に定着したルールや習慣のこと。企業と社員の間で明確に定められてはいないものの、暗黙のルールとして受け継がれていくものです。例えば、誰でも気軽に発言できる雰囲気があるなど、いつの間にか生まれたものが企業風土となります。

企業文化と企業風土は、形成される過程が異なります。企業文化は自社の状況によって変化する一方、企業風土は世代を超えて継承されていくため、あまり変化しないという違いもあります。

企業文化が必要な理由は

企業規模が大きくなるほど、さまざまな業務や社員が存在します。部署ごとに雰囲気が異なる企業も少なくないでしょう。その中で、企業文化として行動指針となるものがあれば、部署や職種の垣根を超え、全社員が一つの方向に向かうことができます。

企業が目指すゴールやあり方が確立していると、社員は自然とどのような行動をとれば良いのかが判断しやすくなります。イレギュラーな業務が発生した際にも、社員は企業文化に沿って判断し、行動できます。例えば「顧客への満足度」を重視する企業文化であれば、どのように対応すればお客様が喜んでくれるのかを優先するでしょう。

つまり、組織をとりまとめるためにも、共通の指針となる企業文化は欠かせないのです。

理想の企業文化とは

企業文化は、きちんと社員に浸透しているかどうかが肝心です。自社の文化が社員に浸透していないと、本来の目指すべき方向性とは異なってしまう恐れがあります。

そのためには、企業文化を可視化させることが重要です。まずは自社の強みや特徴を把握することから始めましょう。どういった理念に基づいている組織なのか、どういった言動が社内で評価されているのかなどを洗い出してください。また、このときに社員の考えを知ることも大切です。アンケートを取ったり、ヒアリングを行ったりするのも一つのやり方です。その上で、今後のビジョンや新たに取り入れたい価値観などを考え、まとめていきます。

どのような企業文化を形成したいのかが定まったら、必ず文章化しましょう。明文化することで、社員が理解しやすくなるのはもちろん、社外にも伝わりやすくなります。

適切なフローを取ることで、自社の企業理念や考えに基づいた理想的な企業文化を構築できます。

企業文化を醸成させるための方法

理想的な企業文化を形成するだけでは、組織の中でうまく機能しません。企業文化を醸成するためには、社員に適切な働きかけを行うことが重要です。

・コミュニケーションの機会を設定する

社員の意識を高めるためにも、全社的にコミュニケーションを取れる場をもつようにしましょう。支社や拠点を超えた会議を行うほか、交流するための社内イベントや企画を実施するのも有効です。

・社内研修やワークショップを実施する

企業文化を体感するだけではなく、社員がきちんと内容を理解する機会を作ると良いでしょう。どういった背景で企業文化が存在しているのか、社内研修やワークショップを通じて学ぶことができます。

・マネジメント陣の教育や研修を行う

全社的に行うのではなく、部署やチームを取りまとめるマネジメント陣に対して教育を行うことも一案です。リーダーが企業文化をしっかりと理解して体現することで、メンバーにも浸透しやすくなります。

良い影響をもたらすために、企業文化に柔軟性をもたせるのもポイント

企業文化は社員の働きやすさにも影響します。うまく組織内で機能することで、全社の団結力も増し、結果として企業成長につながります。ただし、企業文化に縛られすぎないようにすることもポイントです。社内の思考パターンが限定的になり、新しい発想が生まれにくいデメリットもあるためです。あまり排他的になりすぎず、状況に応じて変化させながら、企業文化を醸成させましょう。

おすすめ記事

これから最低限必要な3つの組織マネジメント手法

リモートワークが過去最大の注目を浴びている昨今、人事としてもこれまでとは全く異なる施策を打ち始めている会社も少なくないでしょう。環境変化の激しい中では、変化についていくために新しい施策を早急に打つ必要があります。

自己主張型人材の活躍と組織文化形成

私は、業務でクリニックの事務長として採用・経営・人事の面で院長をサポートしています。そこで取り組んでいる自己主張型人材へのマネジメントについて、書かせていただきます。

ミッション・ビジョン・バリュー(MVV)設計

先日、勤務先の企業理念が改訂されました。弊社の企業理念はミッションに置き換えられます。近江商人だった創業家より現代に至るまで引き継がれる「三方よし」の精神。たった四文字のこの言葉は一見すると何でもないただの単語ですが、その裏にある歴史的背景に思いを馳せた時、私たちがビジネスに取り組む時の羅針盤として機能しているように感じます。

【CANTERA talk】アースメディア代表松本淳さんに聞く「今の人事に求められる「人間性」という1つの大切なスキル」

CANTERA NOTEでは、人事領域で活躍される著名人をお招きし、人事パーソンの学びとなるお話をうかがいます。

今回お招きしたのは、一般社団法人アースメディア代表の松本淳さんです。松本さんは、インテリジェンスの創業拡大期に入社後、人材系の会社を起業、拡大後にM&Aで事業譲渡し、現在は国内外の起業家育成に力を注いでいます。また、松本さんのTwitterはビジネスパーソンから人気を集めており、読者のなかには松本さんのTwitterから学びを得ているという人もいるかもしれません。

そんな松本さんに、今の人事に求められる能力や戦略人事リーダーに求める経験やスキル、松本さんが理想とする人事パーソンについてお話をうかがいました。

【CANTERA修了生✕堀尾司】 社会人15年目・HR1年目の水越裕太郎さんが目指すCHROへの道

CANTERAでは、人事領域で活躍している人はもちろんのこと、人事未経験の人も多く学んでいます。 CANTERAアカデミー修了生の水越裕太郎さんもそのひとりです。水越さんはマーケターからHR領域へと半年前に転向し、CHROを目指しています。

今回はCANTERA代表である堀尾と水越さんが対談。水越さんがCHROを目指したきっかけや理想のCHROになるための経験の積み方、水越さん自身が掲げるミッション・ビジョン・バリューや3600人のフォロワーを抱えるTwitterとの向き合い方など、とことんお話をうかがいました。

さくらインターネットの人事ポリシーと私のマネジメント

「社員を信じる」マネジメントの役割は、メンバーの強みを引き出し、自己肯定感をあげ、幸せにすることなのではないでしょうか。そう考えれば、マネジメントは喜びに満ち溢れた仕事になります。

執筆者

CANTERA NOTE編集部

「CANTERA NOTE」は、現役人事が自身の経験や体験を発信する日本初のメディアです。

人事施策の成功事例や手法の紹介だけでなく、人事ならではの葛藤や失敗を通じて得られた経験を現役人事が発信します。

人事が抱える課題や悩みは、同じ経験をした人事こそ分かち合える――CANTERA NOTEは、人事同士で共感し合い、学び合い、教え合い、乗り越え合い、共に創り合うメディアとして展開していきます。

【比較】リモートワークとテレワーク、何が違う?解説してみた

コロナ禍でよく耳にする「リモートワーク」「テレワーク」という言葉。同じ意味なのか、そうでないなら何が違うのか、曖昧になったままの方もいるのではないでしょうか。 今回は、言葉の違いや使い方、リモートワーク・テレワークを始めるにあたって気をつけたいポイントを解説します。

企業文化を醸成するには?組織成長に欠かせないと言われる理由

企業文化は組織を形成する上で非常に重要な役割があります。企業文化が優れていれば、社内のつながりが強くなり、企業としての成長が期待できるのです。ただし、企業文化を根付かせるにはいくつか注意したいポイントも。企業文化が組織にとって欠かせない理由を踏まえ、醸成の方法を解説します。

リモートワークとは何か。メリットや導入手順、必要ツールを徹底解説

リモートワークを導入する企業が増加し、働き方が多様になっている現在。今後もますます普及していくことが予想されますが、そもそもリモートワークとはどのような形態を指すのでしょうか。実施するメリットや導入の仕方まで徹底的に解説します。

CHRO(最高人事責任者)とは?役割や人事部長との違いを解説

戦略人事を推進する存在として、注目される「CHRO(最高人事責任者)」。海外の先進企業で重要性が高まり、日本でもCHROを採用する企業が増えているのをご存じの方も多いのではないでしょうか。CHROに求められる役割や、人事部長との違い、CHROになるために必要なスキルなどを解説します。

戦略人事をわかりやすく解説。実践するために必要なことは何か

近年、急速なネットの普及により、スピード感を重視したビジネスが求められるようになりました。それに伴って、企業形態や働き方も多様化し、企業における人事のあり方や考え方もまた進化が求められています。

そこで注目されているのが「戦略人事」という考え方です。戦略人事という考え方をふまえたうえで、導入メリットやプロセスについて解説します。