越前谷 匡史

越前谷 匡史

CANTERA ACADEMY4期卒業。

1995年に株式会社リクルートに入社し、新卒採用チームに配属される。新卒採用の経験は通算で5年。その後、人材紹介事業を10年以上経験。紹介事業では第二新卒を支援するグループの立ち上げから組織拡大を牽引。2015年末に退社し、株式会社キャリアベースを設立し、新卒採用領域でビジネスを展開。

2018年5月会社売却後、9月にAll Personalに入社。FFS診断を活用した紹介事業やCANTERA事業を担当している。

越前谷 匡史による人事のお役立ち情報

渋沢栄一の人材観から組織づくりを考える

渋沢栄一が語った言葉が纏められた「論語と算盤」は渋沢栄一が経済人がなすべき道を示したものです。

私自身が40代後半でビジネスパーソンの後半戦に臨むにあたり、どのような思想や想いを持っていくかを考える際、ヒントになることがあるのではないかと考え読み始めました。

今日はその中で渋沢栄一の人材観が見える部分があり、興味深いので書き記します。

道無き道を進むためのキャリアの棚卸し&目標設定

未知の場所をあてもなく歩き続けるのは不安ですよね。Covid-19の影響などにより、これまで経験したことのない世界を生き続けることに不安を抱いている方もいるのではないでしょうか。

2021年をより豊かな1年にするために現在地と目的地を改めて確認して、日々を迷いなく進むための「地図」と「コンパス」を手にしてみませんか?

※本記事はコミュニティ内での卒業生の対話内容をもとに文章化したものです。

”子育て”と”経営”

一見脈略がなさそうな子育てと経営。

しかし、個人的な経験から感じるのは、この2つが非常に近しいものではないかということ。

経営陣同士、経営と社員による考え方の摺合せや、率直な意見のぶつけ合いは大事です。

一方、子育ては夫婦の意見の差異が出やすく、そこで夫婦の考え方の摺合せが大事だと個人的な経験から感じています。

自身がベンチャー企業に在籍するからこそ感じる経営と私が経験した子育てについて記します。

内藤哲也にみる個性発揮のインパクト

内藤哲也は新日本プロレスのトップレスラー。今年1月の東京ドーム大会で、オカダカズチカに勝利し、二冠王者となりました。来年1月4日開催の東京ドーム大会においてもメインイベントで戦うことが決まっています。

今はトップオブトップのレスラーである内藤も5年ほど前は、観客からブーイングされるような時期もあり、ものすごく燻っていました。

しかし、あることをきっかけに自身の個性を発揮し、トップレスラーに上り詰めました。今回は個性発揮のインパクトを内藤哲也、そしてプロレスから見ていきます。

いい縁はいい奴に集まる理論

前回、山登り型キャリアの呪縛の中で、「いい偶然」を呼び寄せる5つの行動について書きました。今回はもう一歩踏み込んで、いい偶然=いい縁を呼び寄せる”機会”を増やすにはどうしたらよいのかを皆さんと一緒に見ていきたいと思います。

山登り型キャリアの呪縛

キャリアアドバイザーとして、日々、求職者の方々と面談をしています。年齢としては20代から30歳前半の方が多いのですが、相談内容として「キャリアの目標がないというか、このままの状態でよいのだろうか?」というものが多いです。

非常時の現場マネージャーの苦悩

会社の非常時や不景気の時に、会社の風土形成の肝である現場マネージャーはどのようなジレンマを抱えながらマネジメントしているのでしょうか。