経営と現場を繋ぎ
事業を次のステージへ加速させる
CHRO共創プラットフォーム

現役人事が“共に創る”メディア

CANTERA NOTE(カンテラノート)

戦略人事全般について知りたい

私がCANTERAに参加して良かったと思うこと

経営と現場をつなぐ戦略人事の成長プログラム「CANTERA ACADEMY(カンテラ アカデミー)」。

すでに全国から約400名もの方が参加した、本気で戦略人事を目指す人のためのプログラムです。現在、私は、CANTERAが独自に開発した、戦略人事の基礎を学ぶオンライン講座「戦略人事基礎講座 ベーシック」の講師を勤めています。そんな私も実は、3期生としてこのベーシック講座の前身にあたるプログラムを卒業した一人でした。

この記事では私がCANTERAに参加して良かったと感じたこと、そして卒業生でもあり、講師でもある私の立場から、CANTERAがどういった価値を提供しているのかについてありのままをシェアします。

CHRO(最高人事責任者)とは?役割や人事部長との違いを解説

戦略人事を推進する存在として、注目される「CHRO(最高人事責任者)」。海外の先進企業で重要性が高まり、日本でもCHROを採用する企業が増えているのをご存じの方も多いのではないでしょうか。CHROに求められる役割や、人事部長との違い、CHROになるために必要なスキルなどを解説します。

戦略人事をわかりやすく解説。実践するために必要なことは何か

近年、急速なネットの普及により、スピード感を重視したビジネスが求められるようになりました。それに伴って、企業形態や働き方も多様化し、企業における人事のあり方や考え方もまた進化が求められています。

そこで注目されているのが「戦略人事」という考え方です。戦略人事という考え方をふまえたうえで、導入メリットやプロセスについて解説します。

人事制度について知りたい

評価制度改定における10の検討論点

昨今の働き方の変容や事業環境の変化に応じて、今の時期だからこそ自社の人事制度を見直したいというお話を伺うことがあります。

私自身も人事担当者として制度の見直しを行った経験がありますが、いざ始めようとした際に具体的にどこを見直せばよいか悩んだ経験があります。

今回はそのような経験も踏まえ、人事制度の中でも重要な機能を担う評価制度に注目し、制度を目下見直し中である・まさにこれから見直そうとしている・見直しまではいかないが予備知識として知っておきたいといった方々の一助になればという思いを込めて、改定までの一連のプロセスや改定時の論点、実際にプロジェクト進める上での管理方法について紹介していきたいと思います。

ジョブ型人事制度 報酬制度の3つの特性とベンチマークポリシーの重要性

前回ジョブ型人事制度についてそのメリットと留意点という視点からご紹介して以降、私の周囲でも複数の企業様から導入を検討しているというお声を伺うようになりました。

最近拝見した調査結果においても、3-5年後には管理職層で約50%、非管理職層で約40%の企業がジョブ型制度へ移行を検討しているという結果(回答企業数238社)が出ており、全体的・部分的といった程 度はあれど制度導入を検討し始めている企業が増えている状況です。
そのような流れの中、今回は、ジョブ型人事制度の趣旨と密接に連動している報酬の観点から、制度の考え方や設計のプロセスについてご紹介していきたいと思います。

前回に比べやや個別的なテーマであり、直近でこういったテーマに向き合われている方は少ないかもしれませんが、今後ジョブ型制度の導入を検討される際やジョブ型ではないが報酬制度改定を検討される際など、本稿をお読みいただく方のお仕事に少しでもお役に立てば幸いです。

ジョブ型人事制度 4つのメリットと2つの留意点

こんにちは。CANTERA ACADEMY1期卒業、上田明良です。昨今、日本型雇用の制度疲弊に伴う見直しの必要性が叫ばれるようになった中、アフターコロナを見据えた働き方の変化が拍車をかけるように、企業への貢献を明確にした人事制度としてジョブ型人事制度(ジョブ型雇用)を志向する企業が増えてきているように思います。ただ、一概にジョブ型といっても、企業が営む事業の性質、組織ステージ(創造性・指揮・委譲・調整・協働など)によってマッチ度は変わってきます。そのような環境下において本稿では、ジョブ型人事制度について導入を検討している、導入するまでもいかないが選択肢の一つとして知っておきたい、将来に向けて純粋に興味があるとった方々に向けて、よりよい選択をする為の一助となればという思いを込めて、基本的な考え方からメリット・デメリット、設計・運用時の留意点につい紹介していきたいと思います。

採用について知りたい

偉大な企業へと飛躍するために「だれをバスに乗せるか」。原理原則に従って実行して思ったこと

『ビジョナリー カンパニー 2 飛躍の法則』という本をご存知の方も多いだろう。

この本は、“Great(偉大)”をテーマに文章が綴られている。良い組織を偉大な実績を持続できる組織に飛躍させる方法だ。ほとんどの企業がそこそこの優良企業になるのに対して、偉大な企業は何が違うのかが紐解かれている。

私が特に注目したのが、この本の第3章に書かれている「だれをバスに乗せるか」だ。書かれている原理原則に従って実行してみた結果、大切だと思ったことを記したいと思う。

1年で500以上のオンライン面接を行った私が「採用面接で特に気をつけていること」

採用面接は“未来の仲間探し”なので、会社の将来を左右する大事な場です。ただ、最近はオンライン面接を行うことも増え、対面ではない分、いろいろと工夫する必要があると思います。

私は2020年の1年間で、気づいたらオンライン面接を500以上行っておりました。そこで、私なりに採用面接で見ているポイント、質問内容、気をつけていることをまとめてみました。

【採用マーケティングの基本その1】欲しい人を採用するために、まずは全体像を把握しよう!

積極的な採用活動をしているにもかかわらず、「良い人がなかなか応募してくれない」「そもそも応募がこない」と考えている経営者、採用担当者の方は多いのではないでしょうか。

採用活動の中でも「自社にとって採用すべき人」が応募してこないのはいくつかの原因が考えられます。しかし、もしも現段階で「採用要件」が漠然としていて明確化されていなかったり、採用要件から考えられる「採用ターゲット」を複数の軸でセグメントしてターゲティングしていなかったり、採用ターゲットから導かれる「ペルソナ」が「自社に応募してくれる動機」を想定・設計できていないようであれば、採用マーケティングの基本を見つめ直し、マーケティングプロセスを丁寧に設計することで、採用成功に向けた大幅な改善が見込めるはずです。

風土・組織設計について知りたい

企業文化を醸成するには?組織成長に欠かせないと言われる理由

企業文化は組織を形成する上で非常に重要な役割があります。企業文化が優れていれば、社内のつながりが強くなり、企業としての成長が期待できるのです。ただし、企業文化を根付かせるにはいくつか注意したいポイントも。企業文化が組織にとって欠かせない理由を踏まえ、醸成の方法を解説します。

串カツ田中HD人事部長と企業の成長の原動力となる組織作りや文化創りを探る【後編】

2021年1月5日、串カツ田中HDの人事部長であり、CANTERA ACADEMY3期卒業の五十嵐さんを迎えて実施した、企業の成長力の原動となる組織作りや文化創りに関するウェビナー。

コロナ禍で逆風を受ける外食産業で、人事部はどのように企業の成長力に貢献していけるのか、五十嵐さんのお考えや施策について、CANTERA代表堀尾司がインタビューしました。

(本記事はインタビュー後編です)

串カツ田中HD人事部長と企業の成長の原動力となる組織作りや文化創りを探る【前編】

2021年1月5日、串カツ田中HDの人事部長であり、CANTERA ACADEMY3期卒業の五十嵐さんを迎えて、企業の成長力の原動となる組織作りや文化創りに関してのウェビナーを実施しました。


コロナ禍で逆風を浴びている外食産業で、どのように人事部が企業の成長に貢献できるのでしょうか。五十嵐さんのお考えや施策について、CANTERA代表堀尾司がインタビューしました。

新着記事ピックアップ